つねきについて知る現状認識と基本的な考え

我々が知るべき財政金融の真実 政府の借金を税金で返してはならない

政府の借金の本当の理由

 政府の借金の本当の原因は、決して政府の無駄遣いでも税収が足りないせいでもありません。政府の借金の本当の原因は、現代のお金の発行の仕組みにあります。現在の仕組みを続けている限り、政府の借金は当然の帰結なのです。しかも、これはほぼ世界共通です。世界中のほぼ全ての通貨が同じ方法で発行され、その結果、世界中のほぼ全ての政府が借金まみれになります。そうなれば最後、二度と政府の借金は返せなくなります。これを理解するには、まずお金の発行の仕組みを理解する必要があります。

現代のお金の発行の仕組み

 現在、日本には1000兆円以上のお金がありますが、現金は100兆円ぐらいしか存在せず、900兆円以上は預金通帳に書かれた数字です。つまり、現代のお金の本質とは預金であって、預金を増やすこと=お金の発行であり、それは日銀の仕事ではありません。一般の民間銀行の仕事です。  銀行が誰かにお金を貸す時には、その人に自行の通帳を持たせ、そこに貸す金額を印字します。例えば100万円を貸す時には、預金通帳に100万円と書くだけです。この時に、新たな100万円の預金が生まれます。なぜなら、その銀行に預けられた他の誰の預金通帳の残高は一円も減らず、借りた人の通帳に新たな100万円が印字されるからです。借りた本人は100万円の借金を負っているので、お金が増えた気はしませんが、それを誰かに送金すれば、受け取った人は純粋に預金を増やすことになります。  実は皆さんの預金は全てこのように作られており、誰かの借金が回ってきているだけなのです。この仕組みを「信用創造」と言います。それは民間銀行が、無から借金と同時にお金を作り出す仕組みです。では、借金を返したらどうなるでしょう?100万円を借りて使った人が、それを再度稼いで100万円の預金を作り、それで借金を返せば、世の中から100万円を取り返し、自分の借金と相殺で消すことになります。つまり、現代のお金は、借金と表裏一体で生まれ、借金を返すと消える仕組みになっているのです。

お金と借金が永遠に増え続ける仕組み

 しかし、問題は借金には常に金利がつき、返すの元本だけではないということです。もし一年ローンを5%の金利で借りれば、一年後には105万円を返さなければなりません。お金を借りた人は全員、元本分のお金しか世の中に生み出していないのに、金利分余計に集めて返さなければならないのです。そして、本当に全員が返してしまうとお金が全て消えてしまいます。つまり、お金を借りた人がきちんと元本+金利を返済し、なおかつお金がなくならないためには、それに匹敵する新たなお金(105万円)が、やはり新たな借金によって生まれる必要があるのです。当然それにも金利がつき、さらに多くのお金が必要になりますから、無限にお金と借金が増え続けないと回らない仕組みです。そんなことが続くと思いますか?

政府の借金で増え続けたお金

 しかし、問題は借金には常に金利がつき、返すの元本だけではないということです。もし一年ローンを5%の金利で借りれば、一年後には105万円を返さなければなりません。お金を借りた人は全員、元本分のお金しか世の中に生み出していないのに、金利分余計に集めて返さなければならないのです。そして、本当に全員が返してしまうとお金が全て消えてしまいます。つまり、お金を借りた人がきちんと元本+金利を返済し、なおかつお金がなくならないためには、それに匹敵する新たなお金(105万円)が、やはり新たな借金によって生まれる必要があるのです。当然それにも金利がつき、さらに多くのお金が必要になりますから、無限にお金と借金が増え続けないと回らない仕組みです。そんなことが続くと思いますか?

 実際どうなったかはデータを見れば一目瞭然です。上の図は1980〜2018年までの「日本のお金の総量(マネーストックM2=現金+預貯金(青)」「銀行の民間への貸出残高(緑)」「GDP(茶)」そして「日本政府の借金(国債)の残高(赤)」の日銀データのグラフです(図1)。

《 図1 》

これを見ると正に1990年代前半までは銀行の民間への貸出でお金が作られていたことがわかります。民間への借金(緑)がお金(青)を作っているので、両者は並行して上がるのは当然です。しかし、1990年代後半以降、両者は大きく乖離を始めます。これはバブルが崩壊し、GDP(茶)も伸びなくなれば当然の話で、銀行も貸せなくなるのです。そもそも無限に続く経済成長もあり得ませんし、人口も増えなくなれば永遠に借金を増やすことなど不可能なのです。それでもお金と借金を増やし続けなければ回らない金融システムを続けるには、最終的には政府が借金をしてお金を発行することになります。政府なら銀行も安心して貸し続けられるからです。

政府の借金でお金が増えるメカニズム

 政府の借金でお金が発行されるメカニズムは信用創造と同じです。例えば政府が60兆円の税収で80兆円の予算を組んで、足りない20兆円の国債を発行して銀行に買わせても、銀行に預けた誰の預金残高も減りません。銀行が20兆円新たに作って政府に貸すからです。政府は皆さんから集めた60兆円に新たに銀行に作らせた20兆円を加えて合わせて80兆円使うと、皆さんは最初60兆円しか払っていないのに80兆円受け取ることになります(政府支出は公務員の給料や政府事業の代金として民間に行く)。つまり、政府が赤字の分、新たに銀行から借りて(新たなお金を作り)、予算経由で民間に払うので、政府の借金20兆円と皆さんのお金20兆円は並行して増えるのです。グラフを見れば一目瞭然、緑の線(民間への貸出)が青の線(お金の総量)を支えきれなくなってから急激に赤の線(政府の借金)が上がり、この15年ほど、赤と青の線が平行に上がっていることがわかります。これは正に政府の借金で皆さんのお金(資産)が増やされ続けてきたという証拠です。そしてこれは当然の帰結なのです。なぜなら、無限に民間に対する貸出を増やすことが不可能である以上、最後には政府がそうせざるを得ないのですから。その結果、今や皆さんのお金が約1000兆円、政府の借金が約900兆円。この状態で本当に政府の借金を税金で返すとどうなるでしょう?

政府の借金を消すとお金も消える

 仮に先程の逆をやってみましょう。税金を80兆円に増税し、60兆円に予算を削ったとします。そうすると、皆さんは最初80兆円も税金を払っているのに、60兆円しか受け取れないことになります。差し引き20兆円皆さんのお金は減ります。当然です。なぜなら、「政府の黒字は国民の赤字であり、政府の赤字は国民の黒字、常に表裏一体」だからです。900兆円の政府の借金を全部返すためには、毎年20兆円ずつ返すと45年かかります。そのために毎年20兆円ずつ国民が赤字になれば、45年後には900兆円、国民のお金が消えます。金利も考えたらほとんどのお金は消えるでしょう。それも当然です。現代のお金は借金として生まれ、借金を返すと消える仕組みです。今やほとんど政府の借金でお金を発行している状態で、政府の借金を本当に返すと、お金はほとんど消えるのです。赤の線をゼロまで下げるということは、青の線も道連れにゼロまで下がるということです。

80年代には戻れない

 ただ、一つだけそうならない方法があります。それは、80年代のように銀行の民間に対する貸し出し(緑の線)で十分お金が作られれば、政府の借金(赤の線)は低いままでいられるということ。しかし、これは持続不可能です。銀行の民間に対する借金の残高は必ず頭打ちになります。無限の人口増や経済成長でもない限り、無限に借金を増やし続けることなど不可能だからです。そうなれば他の誰かが借金を肩代わりをし、お金を発行し続けざるを得なくなります。そしてそれは政府以外ありません。政府だけが唯一、お金を借り続けて一円も返さなくても潰れませんし、銀行も貸し続けるからです。ただ、そうなったら最後、その借金は未来永劫返せません。返せばお金は消えるからです。つまり、このシステムを続ける限り、政府の借金を減らすどころか、むしろ増やし続けなければならないのです。それを理解しない限り、政府は予算をケチり続け、皆さんの生活を破壊し続けることになります。そして、実際にそうなっているのは、多くの専門家や政治家たちが80年代のまま思考が止まり、政府の借金を返せると思い込んでいるからです。しかし、それは絶対に無理です。なぜなら、これは現代のお金の発行の仕組みの当然の帰結だからです。我々は一刻も早くそれを理解し、本当の解決策を講じる必要があります。それは、誰かが借金をしないとお金が発行されない仕組みを改め、誰の借金でもないお金を政府が責任をもって発行する、すなわち政府通貨の発行です。ただし、それが実現できるまでは、次善の策として、政府が借金をし続けて、お金を発行せざるを得ないということです。